放送局から直送便・ドラマ版

コラム
LINEで送る

木村拓哉主演「A LIFE~愛しき人~」は個性豊かな医師や看護師たちが織り成す人間模様に注目!

 ドラマ・映画界を席巻する豪華な顔ぶれが大集結! 愛しき人の“たった一つの命”と、“かけがえのない人生”を巡るヒューマンラブストーリー「A LIFE~愛しき人~」(TBS系)が1月15日にスタートします。愛、欲望、友情、嫉妬、プライドが渦巻く中、“職人外科医”として決して諦めることなく、不器用ながら一途に患者と向き合う男の生きざまを通し、「本当の医療とは何なのか」を問い掛けていきます。

 主人公は医師として駆け出しの頃に病院を追われ、恋人を置いて単身アメリカに渡った外科医・沖田一光(木村拓哉)。技術を磨くためにひたすらオペ経験を重ね、知識を身に付けて“職人外科医”になります。10年後かつての恩師にこわれて、日本の病院に戻ってくると、元恋人は病院の後継者として沖田の幼なじみでもある親友と結婚していました。さらに、彼を待ち受けていたのは一癖も二癖もある医師や看護師たち。

 医療ドラマとしても見応え十分ですが、注目すべきは複雑に絡み合う人間模様。沖田の元恋人・壇上深冬(竹内結子)が結婚したのは、沖田の幼なじみ・壇上壮大(浅野忠信)。壮大は如才ない経営センスを発揮しながらも、野心と沖田に対する嫉妬心を隠し持っています。一方、父が医学会の権力者の若手医師・井川颯太(松山ケンイチ)は、オペナースの柴田由紀(木村文乃)のことが気になります。しかし、由紀が興味を持つのは沖田。一流外科医をもしのぐ知識を持つ彼女は、沖田のオペを見てから、医師としても男としても引かれていくのです。

 実はハングリーな性格で壮大とは相通じるものがあり、何も言わずとも壮大の心の内を理解しているのは顧問弁護士の榊原実梨(菜々緒)。第一外科部長の羽村圭吾(及川光博)は明るく社交的な性格で、周囲の評判はとても良いが、その態度とは裏腹に、主に沖田や壮大に向けて複雑な感情が渦巻いていて…。

 複雑な関係性ですが、それぞれの発言や行動から自然となぜそのような感情を持つのかを理解することができ、どこかしら共感できる点がある登場人物たち。ぜひ、それぞれの視点に立って、物語を楽しんでいただければと思います。

TBS担当 M・I

【番組情報】

「A LIFE~愛しき人~」 
TBS系  
1月15日スタート 
日曜午後9:00~9:54 
※1月15日放送の第1回は、午後9:00~10:19

 
LINEで送る

関連リンク

TVガイド最新号

新着 タレント連載

テレビ視聴率ランキング

地上波録画視聴ランキング

BS録画視聴ランキング

PAGE TOP